犬種の体格差

kooh_m74

体格差画像の説明

人との長い歴史のなかで、オオカミが家畜化して生まれた犬は、さまざまな体型の品種を持つ動物へと進化し、地球上の動物で、同じ種にもかかわらず50倍以上の体重差がある動物は犬だけです。

分類は
小型犬※体重:1~10kg
中型犬※体重:11~25kg
大型犬※体重:26~44kg
超大型犬※体重:45kg以上
※成犬時理想体重

上記の4つの犬種に分けることができ、小型犬のうち、成犬時の体重が4kg未満の犬種を「超小型犬」と分けられる事もあります。

成長期における犬種ごとの違い

生まれてから成犬になるまでの体重増加率は、大型犬になるほど高くなります。成犬時の体重は、小型犬では生まれた時の体重の20倍程度ですが、超大型犬では約100倍にまで達します。

そのため、小型犬の成長期は約8~10ヵ月まで、超大型犬の成長期は約18~24ヵ月までと、大型犬になるほど成長期は長くなり、当然、犬種ごとのカロリー要求量も違い、必要な代謝エネルギー量は小型犬が超大型犬の約2倍と、小型犬になるほど体重1kgあたりのカロリー要求量は高くなります。

高齢期における犬種ごとの違い

小型犬ほど平均寿命が長い傾向にあり、平均寿命の違いから、小型犬は8歳ごろから、超大型犬は5歳ごろから高齢期に入ります。

犬が健康で長生きするためには、ワクチン接種やフィラリアの予防、定期的な健康診断。それぞれの犬に最も適した栄養バランスの食事など、総合的な健康管理が重要です。