犬の外観

kooh_m65

外観・特徴画像の説明

色覚が未発達で、赤と緑の区別が認識できないと言われています。

聴覚は、人が感知できる周波数より2.5倍高い周波数までするどく感知できると言われています。

成犬で上顎20本、下顎22本の合計42本の歯があります。生後6ヵ月齢ごろまでにはすべての乳歯が永久歯へ生え変わります。

被毛

被毛は、上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)があり、犬種によっては上毛のみ、もしくは下毛のみ生えているという犬種もあります。

汗腺

人とは異なり、汗を利用した体温調節は行なえず、汗腺からは、水分を多く含む汗ではなく、皮脂を多く含む分泌物を出します。

嗅覚

嗅覚は非常に発達しており、匂いを感じる鼻の粘膜の面積は人がわずか3c㎡程度なのに対し、犬は平均150c㎡です。それに対して、味を感じる舌の味蕾(みらい)の数は人の約1/12程度で、味覚は人ほど発達していません。

年齢、健康状態、個体差など、さまざまな要因で影響を受け、嗅覚については大型犬と小型犬を比べると、とうぜん大型犬の方が鼻の粘膜の面積が大きいため、嗅覚がするどくなります。

そして、マズル(口吻(こうふん))の形状によって空気の通り方も変わりますので、短頭種は、ほかの犬種に比べると嗅覚が劣ります。

味覚

前途により、食事の好みに大きく影響するのは、味覚よりも嗅覚になり、フードを食べる時はまず匂いを嗅ぎます。その後、フードを口に入れ、食感や形、固さを確認し、最後に味を感じます。

人と犬では食事に対する感覚が違うと言うことです。

そのため、どんなに栄養バランスが優れていても、食べないと意味が無く。犬にとって良い食事とは、犬が好んでよく食べるように調整されていることが、「良い」食事の条件になります。