意外と多い外耳炎

kooh_m76

外耳炎画像の説明

耳掃除の嫌いなフレンチって多いです。もともと脂症気味の耳なので外耳炎になりやすいのですが、意外に力も強く、病院でも手こずるようです。

原因

原発性因子

耳ダニ、草のノギ、毛抜き、異物などが原因の場合は治ります。

  • 吸入性アレルギー
    耳だけに出る事もあります。体質的なものは治すのが困難です。
  • 食事性アレルギー
    耳だけに出る事もあります。治療食で治癒します。
  • 原発性脂漏症・二次性脂漏症
    全身性・体質・ケア
  • 自己免疫疾患(天疱瘡、エリテマトーデス)
    耳以外にも病変がでます。コントロール
  • 他には、若年性・ジステンパー・亜鉛反応性皮膚炎
    耳以外にも病変がでます。

後発因子

  • 解剖学的要因
    耳が垂れている犬種や、耳道に毛が生えた犬種。
  • 耳道の微小環境の変化
    毛包やアポクリン腺(油を分泌する腺)の多い犬種。
    (コッカースパニエル、スプランガースパニエル、ラブラドールレトリーバーなど)
  • 耳道の閉塞
    湿気や壊死組織を耳の中に閉じ込めてしまう。
  • 細胞免疫を低下させる疾病
    クッシング、糖尿病、ジステンパー、パルボウイルスなど。

慢性化因子

  • 細菌
  • マレセチア
  • アポクリン腺の過形成
  • 上皮の増殖と外耳炎の狭窄

治療

治療としては、適切な耳洗浄です。耳垢がある耳に薬を入れても耳垢が炎症の引き金になるだけで、感染の温床となります。

オーツイヤークリーナー

耳垢の少ない犬種向きで、低刺激性なので毎日使えます。

無菌生理食塩水+イソジン液

耳垢の多い犬種や、鼓膜が穿孔する恐れの有る場合など。

点耳薬

  • 消炎剤
    炎症を緩和し、耳道の狭窄を改善すると共に耳垢線の活動を抑えます。
  • 抗生物質
    殺菌作用があります。
  • 抗真菌剤
    酵母菌(マラセチア)を抑えます。
  • 銀製剤
    殺菌・抗真菌作用があり、耐性菌を出来にくくします。

内服薬

  • 消炎剤
    炎症を緩和する事で痛みをとり、耳道の狭窄を改善すると共に耳垢線の活動を抑えます。ただし、副作用として多飲多尿・多食が認められます。
  • 抗生物質
    殺菌作用があります。
  • 抗真菌剤
    酵母菌(マラセチア)を抑えます。

外耳道炎が重度の場合は耳を触らせません。そのため、内服薬で治療し、その後、局所治療に移ります。アトピーや炎症が強い場合も内服薬が必要です。

食事療法

  • 低分子プロテイン、Z/D
    食事性のアレルギーが疑われる場合。
  • スキンサポート
    必須脂肪酸を強化する事で、皮膚のバリア機能を高めます。

日常のケア

日常のケアで、耳の毛を抜くのは止めましょう。痛みを伴いますし、毛包で炎症が起こります。綿棒も、耳垢を耳道の奥に押し込んだり、眼に見えない小さなキズを耳道粘膜に作ると言われています。

一時的要因(耳ダニや異物以外)が原因の場合は再発します。なので、外耳炎の再発予防には日常のケア(耳洗浄)は必須です。