フレンチ・ブルドック

sb22

スポンサードリンク




 

フレンチ・ブルドッグ – FRENCH BULLDOG画像の説明

クー

kooh

プリンドル

♂ 

フレンチ・ブルドッグ – FRENCH BULLDOG    スタンダード

「JKC標準書第10版」より

原産地
フランス

沿革
全てのマスティフ・タイプの犬同様、エピロスやローマ帝国のモロシア犬に由来すると考えられ、イングリッシュ・ブルドッグの祖先やアラン(中世の大型獣猟犬)、フランスのマスティフや小型のマスティフ・タイプとも関連があるが、1880年代にパリの下町で熱心なブリーダーの異種交配により作出された。

パリ中央市場の人夫や肉屋、御者に飼われていたが、その特殊な外貌と特徴によって、上流社会や芸術家の世界に受け入れられ、急速に広まっていった。

この犬種の最初のブリード・クラブは、1880年にパリで設立された。最初に登録があったのは1885年で、最初のスタンダードは1898年に作成された。この年は、フランスKCがフレンチ・ブルドッグを公認した年である。ショーに初めて出陳されたのは1887年のことである。


一般外貌
典型的な小型のモロシアン・ドッグである。
小型のわりに力強く、全体的にプロポーションは短く、コンパクトで、被毛は滑らかで、顔は短く、しし鼻で、直立耳と自然な短い尾を有する。
活動的な外貌で、理解力があり、たいへん筋肉質で、骨格のしっかりしたコンパクトな体躯構成でなければならない。


習性/性格
社交的且つ、活発で、遊びやスポーツが好きで、鋭敏である。主人や子供に対しては特に愛情豊かである。


頭部(ヘッド)
頭部はたいへん頑丈で、幅広く、角張っている。頭部の皮膚には対照的な襞と皺が入っている。頭部は顎骨から鼻まで短いのが特徴で、頭蓋は長さはないが、幅がある。


頭蓋部(クラニアル・リージョン)
スカル
幅広く、ほぼ平らで、前頭部はよく発達している。真弓は顕著で、両目の間の特に発達した皺で分けられている。この皺は前頭部まで達してはならない。後頭部の隆起はほとんど発達していない。


ストップ
たいへん明瞭である。


顔部(フェイシャル・リージョン)
鼻(ノーズ)
幅広く、たいへん短く、上を向いており、鼻孔はよく開き、対照的で、後方に傾いている。鼻孔の傾斜と上向きの鼻が通常の呼吸を妨げることがあxってはならない。


マズル
大変短く、幅広で、上唇に向かって中心を共にする対照的なひだができる。(マズルの長さは頭部全体の長さの6分の1である。)


唇(リップス)
厚く、僅かにゆるく、ブラック。上唇は下唇と真ん中の部分で合わさり、歯を完全に覆っており、決して歯が見えることがあってはならない。上唇の側面は下降し、丸みを帯びている。舌は見えてはならない。


顎(ジョーズ)
幅広く、スクェアで、力強い。下顎は大きなカーブを描いており、そのカーブは上顎の前の部分で終わる。口が閉じられているとき、下顎の突出(顎の突き出たアンダーショット)は、下顎のカーブによりなめらかに見える。このカーブは下顎の歯列と上顎の歯列との大きなづれを避けるために必要である。


歯(ティース)
下の切歯は、どのような場合においても上の切歯より内側にくることがあってはならない。下の切歯のアーチは丸みを帯びている。顎は側方に逸脱しても、ねじれていてもならない。切歯のアーチの配置はあまり厳しく定められない。重要な点は重要な点は、上唇と下唇が完全に歯を覆うような形で、結び合わされることである。


頬(チークス)
頬の筋肉はよく発達しているが、張り出さない。


目(アイズ)
活き活きとした表情で、位置は低く、鼻から遠く、特に耳からはたいへんに離れた位置に付き、色はダークで、かなり大きく、十分な丸みを帯び、僅かに出目である。真っ直ぐに前方を見ている時には、白い部分(強膜)は全く見えない。眼瞼の縁はブラックでなければならない。


耳(イヤーズ)
中位の大きさで、付け根は幅広く、先端は丸みを帯びている。頭部の高い位置についているが、お互いに接近しすぎることはなく、まっすぐ立っている。耳の開口部は前方を向いている。皮膚はなめらかで、感触は柔らかくなければならない。


顎(ネック
短く、僅かにアーチし、デューラップはない。


ボディ
トップライン
水平で、腰の部分で高くなり、尾に向かって急激に下降する、この構成がたいへん重要で、腰は短い。


背(バック)
幅広で、筋肉質である。


腰(ロイン)
短く、幅広である。


尻(ランプ)
傾斜している。


胸(チェスト)
円筒型で、十分下がっており、肋骨は樽胴で、たいへん丸みを帯びている。


前胸(フォアチェスト
幅広である。


腹及びひばら(ベリー&フランク)
過度に巻き上がりすぎることなく、張っている。


尾(ティル
短く、尻の低い位置に臀部に沿ってついており、付け根は太く、自然にこぶ状になるかねじれており、先端は先細りである。動いている時も、水平より下に保たれる。比較的長く(飛節より下に達してはならない)、ねじれて先細になっている尾は許容されるが、好ましくはない。


四肢(リズム)
前肢(フォアクォーターズ)
側望すると、前足は垂直で、前望すると、両足はよく離れてついている。


肩(ショルダー)
短く、厚く、丈夫で、よく目立つ筋肉がついている。


上腕(アッパーアーム)
短い。


肘(エルボー)
ボディに密接している。


前腕(フォアーアーム)
短く、真っ直ぐで、筋肉質である。


手根(カーパス)・中手(パスターン)・(メタカーパス)
がっしりして、短い。


後肢(ハインドクォーターズ)
力強く、筋肉質で、後足は前足より僅かに長いので、後躯が高くなる。後望すると、両足は垂直で、平行である。


太腿(サイ)
筋肉質で、丸みを帯びすぎることなく丈夫である。


飛節(ホック・ジョイント)
かなり低く位置し、角度がありすぎても、真っ直ぐすぎてもならない。


中足(リア・パスターン)(メタターサス
がっしりして、短い。フレンチ・ブルドックは生まれつきデュークローがない。


足(フィート)
前足は丸く、面積が小さい。つまり、猫足である。又、議面にしっかりと立ち、僅かに外向している。指蹄はコンパクトで、爪は短く、厚く、よく離れている。パットは堅く、厚く、ブラックである。プリンドルの場合は、爪はブラックでなければならない。パイドの場合とフォーンの場合は、ダークな爪が好ましいが、明るい色の爪はペナルティは課されない。後足はたいへんコンパクトである。


歩様(ゲイト/ムーブメント)
動きは自由で、脚はボディの中心線に対して平行に動く。


被毛(コート)
毛(ヘアー)
被毛は美しく、滑らかで、ボディに密着し、光沢があり、柔らかい。


毛色
・フォーン、ブリンドル、およびそれぞれの毛色にわずかな白斑のあるもの。
・パイドは白地にフォーン又はブリンドルのあるもの。
・フォーンの色調はレッドからライト・ブラウン(カフェ・オ・レ)まである。全体にホワイトの 犬は〈パイド〉に分類される。鼻がたいへんダークで、 目の色 がダークで、眼瞼もダークの場合、顔の色素がある程度抜けていても犬質が高い場合例外的に認められる。


サイズ
良いコンディションの場合、体重は8kgを下回ってはならず、14kgを越えてもならない。
体高は体重と釣り合いが取れていなければならない。

これがフレンチ・ブルドックのスタンダードだそうです。

結構、細かくて難しいですね!!

チャンピオン犬を出すとか、ブリーダー方ならともかく我が家のような一般人にはどうでもいい事ですね。
でも、ちなみに血統書を見ると、コイツの家系にはチャンピオン犬が居るみたいです。